すてきな情報集 >  健康・病気・サプリの情報集Top >  くすり・サプリ >  コラーゲン 摂取量


コラーゲン 摂取量

■コラーゲン 摂取量
コラーゲンの摂取量は一日3?10gくらいが目安とされています。コラーゲンを美容目的で摂取するならば5?10gは必要になるようです。幸いなことにコラーゲンは過剰に摂取したからといっても問題にはならないようです。ただし糖尿病や肝臓、腎臓に重い障害のある場合は過剰にたんぱく質を摂取することができないのでかかりつけの医師と相談の上コラーゲン摂取をしていかなければなりません。

スポンサードリンク


■コラーゲンの働き
コラーゲンは体内のありとあらゆる所で活躍しています。肌のはりや弾力に欠かせないものであることはよく知られていますが、そのほかにも膝や腰などの負担を軽くするクッションの役割や、髪の健康を保っています。つまりコラーゲンは若さと健康のためには必要不可欠な栄養素なのです。他にもコラーゲンには免疫機能を改善する働きがあるという研究結果がでているそうです。さらにアトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー性鼻炎にも効果があるといわれています。またがんの増殖を防ぐ効能もあるとされています。コラーゲンの摂取により動脈硬化や脳の老化対策への効果もあります。このような体質改善への効果・効能のためにも適切にコラーゲン摂取に努めていきたいです。


■コラーゲンの有効な摂取方法
体内では常にコラーゲンが分解と合成を繰り返されています。しかし20歳代を境にして、これ以降は減少していきます。40歳代ではコラーゲンの量が半分以下になるといわれています。コラーゲンは肌から直接吸収されることはないといわれています。このため必要摂取量のコラーゲンを食事やサプリから摂取することが必要です。また、コラーゲンはビタミンCや鉄分を一緒にとることで体内で合成されやすくなります。またヒアルロン酸をコラーゲンと一緒に取ることで肌によりいい影響が与えられるそうです。


■コラーゲンを多く含む食品
コラーゲンを多く含む食品としてはふかひれや豚足が有名です。他にも鶏の皮、手羽先、アンコウ、カレイ、牛テール、牛スジなどがあげられます。コラーゲンを多く含む食品だけではなく鉄分やビタミンCなども摂取できるようバランスのとれた食事をすることが大切です。ブロッコリーやほうれん草、イチゴなどの野菜類や果物を意識して合わせていくことが有効です。

コラーゲン 摂取量の関連記事

すてきな情報集 >  健康・病気・サプリの情報集Top >  くすり・サプリ >  コラーゲン 摂取量

▲コラーゲン 摂取量トップへ↑