すてきな情報集 >  健康・病気・サプリの情報集Top >  インフルエンザ >  インフルエンザ A型 潜伏期間


インフルエンザ A型 潜伏期間

■インフルエンザのA型B型C型と潜伏期間
インフルエンザのA型などは感染後潜伏期間を過ぎ、激しい症状をおこします。インフルエンザウイルスは大きく分けてA型・B型・C型の3種類があります。このうち世界中で流行しているのは、現在の所A型とB型です。現在は、A(ソ連)型とA(香港)型、B型の3種類が流行しています。鳥インフルエンザなどで最近耳にするC型に感してはもしも流行した場合、かなりの確立で死者がでると予測されています。インフルエンザのA型などの潜伏期間中でも人に感染しますので感染予防に注意してください。。

スポンサードリンク


■インフルエンザA型B型C型の潜伏期間と症状
インフルエンザA型B型C型の潜伏期間の長さは、早い人で感染から24時間で発症する人もいれば、最大7日後に症状が出始める人もいます。これに全ての人が当てはまるとはいえません。インフルエンザのA型の場合潜伏期間を過ぎ、症状が出始めると頭痛などに始まり突然38?40度位の高熱が出て、悪寒・咳や食欲不振などの全身症状が急激におこります。発熱はだいたい3?7日間続きますが早めに病院に行き、特効薬の服用で早く症状が落ち着く場合もあります。B型も同じような症状ですが、C型は通常の風邪に症状は似ているようです。


■インフルエンザA型の潜伏期間と治療方法
まずはインフルエンザA型などにかかる前に予防注射などを打っておくことが無難です。予防注射を接種しておけばインフルエンザA型の潜伏期間が過ぎても症状が軽くで済む場合があります。治療方法としては普通の抗生剤などは効きませんので、特効薬のタミフルなどを服用する他、高熱が出た場合は座薬などでとにかく熱を下げるなどの治療が必要です。食欲が無い場合は点滴も有効です。充分な休養と栄養補給・水分補給などで通常3?7日ほどで熱が下がります。


■インフルエンザA型の潜伏期間と予防注射
インフルエンザA型B型などは毎年冬場に流行します。B型は2年に一度流行するというひともいます。インフルエンザA型の潜伏期間が24時間?7日間だとすると、この冬場の時期に入ったらすぐ予防注射を接種しておくのが自分や家族を守る得策と言えます。ただ、必ずしも予防注射を打っているからといってインフルエンザにならないとは限りません。普段の生活からインフルエンザA型に感染しないよう潜伏期間の可能性がある人との接触をさけるように病院などに行くときにはマスクなどをつけるよう心がけましょう。

インフルエンザ A型 潜伏期間の関連記事

すてきな情報集 >  健康・病気・サプリの情報集Top >  インフルエンザ >  インフルエンザ A型 潜伏期間

▲インフルエンザ A型 潜伏期間トップへ↑